薬物療法

薬物療法

心因性の病気の治療法は、大きく薬物療法心理療法生活改善の3つに分けられます。
薬物療法は、文字通り薬を使った治療法です。
薬物療法の目的は、自律神経失調症や心身症の症状をやわらげることで、対症療法に属します。
自律神経失調症や神経症の治療によく使われる薬には、抗不安薬(精神安定剤)、自律神経調整薬、睡眠薬、抗うつ薬などがあります。
これらを総称して向精神薬と言います。

薬物療法で一番重要なのは、医師の指示通りに服用することです。
薬物療法は、用量、用法を守らなければ、その効果はうまく発揮されません
薬には、即効性のあるものや、徐々に効いてくるものなどがあるので、効果が現れないからといって、自分の判断で飲む量や服用間隔を変えないようにしましょう。
勝手に薬の服用方法を変えると、医師の誤診にも繋がりますので、しばらくは指示通りに服用してみて、どうしても効果が出ないとか、疑問や不安があれば、医師に相談するにようにします。
症状がよくなったからと、途中で服用を止めてしまう人もいますが、それも危険です。
医師が薬を止めてもいいと言うまでは、服用し続けることが大切です。
また、向精神薬には副作用や依存性があるからと不安を感じる方は、薬の強さや効果、副作用の有無と内容、いつまで服用すればいいのかなどについて、事前に医師に詳しい説明を求めるようにしましょう。
質問すれば医師はきちんと答えてくれるはずです。
患者側で、薬を飲む前と服用中の、心身の変化に注意を払うことも大切です。
もし、飲み始めてから、体の変調や気になる症状が現れたら、すぐに担当医に相談すること。

治療期間は一般に長い ←前 薬物療法 次→ 抗不安薬

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む