自律神経失調症の原因はストレス

自律神経失調症の原因はストレス

自律神経失調症や神経症(不安障害)は、心の問題が身体や精神の症状となって現れる心因性の病気です。
自律神経失調症は身体的な症状が中心になり、神経症は精神的な症状が強く出て、日常生活に支障をきたしてしまいます。
このような症状を引き起こす原因は複合的ですが、一番大きいのはストレスです。
全ての心因性の病気は、ストレスが引き起こすといっても過言ではありません。

ひとくちにストレスといっても、色々なものがあります。
人間関係の悩みやいじめ、受検や仕事に対するプレッシャーなどによるストレスは、通常精神的ストレスと言い、過酷な気候条件や、疲労や病気などによる体への負担を、身体的(肉体的)ストレスと言います。
一見ストレスには感じないような出来事や環境の変化がストレスになることもあります。
例えば、結婚、昇進、子の誕生、新しい学校への入学など、外から見ると喜ばしいことが、本人にはストレスになる場合が結構多いのです。
また、ストレスには、例えば職場の上司とそりが合わないことによるストレスのように、本人がそれとはっきりわかるストレスだけでなく、あまり自覚することは無いけど、無意識的に感じているストレスがたくさん存在します。
このようなストレスがたくさん蓄積され、その人が耐えられる限度を超えたときに、自律神経失調症や神経症の症状が現れるようになるのです。

自律神経失調症の原因はストレス 次→ ストレスとは何か

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む