自律神経の働き

自律神経の働き

身体には神経が網の目のようにいたるところに張り巡らされています。
神経は身体各所の情報を脳に伝えたり、脳から出された情報や指令を各器官や末端組織に伝え、身体をコントロールする役割を担っています。
神経系は脳と脊髄からなる「中枢神経」と、中枢神経から全身いたるとところにまで枝分かれしながら伸びている「末梢神経」があります。
中枢神経は神経系のコントロールセンターとしての働きを、末梢神経は中枢神経からの指令や情報を各臓器や末端組織に伝えたり、逆にそこからの情報を中枢神経に伝える働きをしています。
末梢神経はその働きから「体性神経」と「自律神経」に分けられます。
体性神経は感覚や運動をつかさどる神経で、視覚・触覚・聴覚・味覚など末端で受けた情報を中枢に伝える「知覚神経」と、身体を動かすための「運動神経」にさらに分かれます。
体性神経は自分の意思でコントロールできる神経です。
それに対して自律神経は内蔵の働きをつかさどる神経で、相反する働きをする「交感神経」と「副交感神経」からなります。

体性神経とは違い、自律神経は自分でコントロールすることができない、本人の意思とは無関係に働く神経です。
例えば、運動をしたら脈拍と呼吸が速くなったり、気温が高くなると自然に汗が出たり、食べ物を摂ると胃や腸が自然に動き出し消化をおこなったりするのは、自律神経の働きによるものです。
自律神経は、内外からの情報や刺激に対して、自動的に反応する神経です。
本人の意思や努力とは関係なく、無意識のうちに、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫などの機能を自動的に調節しているのです。
なぜ自動的に働くのかと言えば、身体には内外のどんな刺激や変化を受けても、生理的状態を常に一定に保とうとする、ホメオスターシス(生体恒常性)という機能があるからです。
自律神経はこのホメオスターシスを維持する働きしている、生命維持には欠かせない重要な神経なのです。

自律神経の働き 次→ 交感神経と副交感神経の役割

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む