交感神経と副交感神経の役割

交感神経と副交感神経の役割

自律神経には交感神経と副交感神経という、相反する二つの神経があります。
交感神経は「昼の神経」「活動する神経」などと呼ばれ、主に昼間、活動的なときに働いている神経です。
交感神経はエネルギーを消費する神経で、交換神経が働いているときは、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くなり、血管を収縮させるので血圧が上がり、身体や精神の活動が活発になります。
これに対し、副交感神経は、「夜の神経」「休む神経」などと呼ばれ、主に夜、心身を緊張から解きほぐし、休息させるように働く神経です。
副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆったりとなり、血圧や体温は下降するなど、体も心も睡眠にふさわしい状態になります。
副交感神経はエネルギーを蓄積させる神経なので、副交感神経が働くとほとんどの臓器が休息状態になりますが、胃腸など消化器官だけは活動的になります。

自律神経は活動している時や休んでいる時だけでなく、内外の環境や状態によっても作用します。
例えば、寒い時に血管を収縮させて体内の熱が外部に逃げないようにしたり、暑い時に汗を出すことで皮膚の温度を下げようとするのも、交換神経の働きによるものですし、不安・恐怖・怒りなどを感じると、動悸が速くなったり、血圧が上がったり、体が震えたり、冷汗が出たりするのも、交換神経が興奮するからです。
このように、自律神経は感情の変化にも呼応して自動的に働きます。
言い方を変えれば、自律神経を通して心の状態(感情)は体に現れるのです。

各器官に対する交感神経と副交感神経の働き

器官 交感神経 副交感神経
瞳孔 拡大 縮小
唾液腺 量が少なくなり濃くなる 量が多くなり薄くなる
気管支 拡張 収縮
心筋 収縮 弛緩
心拍数 増加 減少
冠動脈 拡張 収縮
血圧 上昇 下降
立毛筋 立毛(鳥肌) 弛緩
汗腺活動 増加(発汗) 減少
胃腸の働き 抑制 促進
消火液の分泌 抑制 促進
膀胱 弛緩(閉尿) 収縮(排尿)
陰茎 血管が収縮(射精) 血管が拡大(勃起)
子宮 収縮 弛緩
白血球数 増加 減少
呼吸運動 促進 抑制
筋肉 収縮 弛緩

自律神経の働き ←前 交感神経と副交感神経の役割 次→ 自律神経と脳

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む