自律神経系とホルモン系

自律神経系とホルモン系

自律神経をつかさどる脳の視床下部は、内分泌(ホルモン)系の中枢でもあります。
ホルモンは視床下部の真下にある脳下垂体から分泌されますが、脳下垂体にホルモン分泌の指令を出したり、分泌量を調整したりするのが視床下部です。
脳下垂体は視床下部からの情報を受けて、成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、乳腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、性腺刺激ホルモンなどを分泌します。

ただし、おもしろいことに視床下部は一方的に脳下垂体に指令を出すだけでなく、脳下垂体から放出されたホルモンによって、視床下部自体が影響を受けます。
そのため、なんらかの理由でホルモン分泌に異常が生じると、視床下部がその影響を受けて、自律神経に乱れが生じることがあります。
自律神経失調症の患者が男性より女性が多い理由のひとつは、女性のほうが月経や妊娠、出産、閉経と、性周期に関連したホルモンの変動が大きいからです
更年期障害の女性の症状(不定愁訴)は、自律神経失調症そのものですよね。

また、ホルモン系の乱れが自律神経に影響を与えるように、自律神経の乱れは視床下部を通してホルモン系にも悪影響を与えます。
ストレスや悩みなどがあると、月経の周期が乱れたり、止まったりすることがあるのもそのためです。
ホルモン系は性に関連する性ホルモン以外にも、ホメオスターシス(生体恒常性)の機能維持や、ストレスから体を守る働きをするものなどがあり、身体の機能を正常に保つための重要な働きをしています。
自律神経が乱れると、これらのホルモンの分泌に影響を与え、ホメオスターシスが乱れたり、抗ストレスホルモンを過度に分泌し続けた結果、内分泌機能が働かなくなり、ホルモン分泌不足になり体の防御能力が落ちることなどがあります。
このように自律神経とホルモン系は、いっぽうが悪くなると片方も悪影響を受けてしまうなど、密接に関わっているのです。

自律神経は免疫機能に直接働くこともあります。
体内に細菌やウィルスが侵入すると、交換神経が作用して白血球の数を増やし、細菌やウィルスを攻撃したり、発熱した場合は、交換神経により発汗が促され体温を下げようとしたりします。

自律神経と脳 ←前 自律神経とホルモン系 次→ 自律神経のバランスが崩れると

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む