自律神経のバランスが崩れると

自律神経のバランスが崩れると

自律神経は、中枢である脳の視床下部だけでなく、大脳辺縁系や大脳皮質など、脳の広範囲な部分からの影響も間接的に受けています。
これらの部分は、内外のストレスを感知したり、食欲や睡眠などの本能的欲求や喜怒哀楽などの感情をつかさどったり、生活リズムやホルモン系の乱れによる影響を受けたりするため、そのような刺激が視床下部を通して自律神経に伝わると、自律神経は交換神経と副交感神経をうまく切り換えながら、体を正常な状態に保とうとします。

驚いたり、恐怖を感じたり、激しい怒りを覚えると、動悸が速くなったり体が震えたりします。
これは、大脳辺縁系によって生じた情動が視床下部に伝わり、そこからの指令によって自律神経の交感神経が働くことによるものです。
つまり、強い感情が自律神経を介し、体の状態となって現れるのです。
このようなことから、自律神経は心と体の架け橋とも言われます。
普通はこれらの感情が長続きすることはなく、感情がおさまれば、次第に副交感神経が優位になり、動悸や震えはしずまります。

しかし、恐怖や怒り、不安感やストレスが長期間持続すると、交換神経が興奮し続け、ストレスホルモンも分泌し続ける状態になるため、次第に自律神経の調整機能が低下し、交換神経と副交感神経のスイッチの切り換えがうまくいかなくなって、体の各器官に異常が生じるようになります
また、深い失意に陥ったり抑うつ状態が長く続けば、交換神経・副交感神経ともに働きが低下し、代謝や活動が抑えられ、食欲、性欲や睡眠など、生命の維持に大切な機能にまで支障をきたすようになります
このように不自然や状態が度を越してしまうと、自律神経の働きが不安定になり、バランスを崩すようになって、体が正常な状態を保てなくなり、症状となって現れるのです。

自律神経系とホルモン系 ←前 自律神経のバランスが崩れると 次→ プラス感情とマイナス感情

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む