心身に現れる様々な症状

心身に現れる様々な症状

自律神経失調症の症状は人によって様々です。
自律神経は身体のあらゆる臓器・器官と関わっているので、自律神経失調症になると全身いたるところに症状が出てくることがあり得るのです。
また、不安やイライラなど精神的な症状が同時に見られるのも、自律神経失調症の特徴です。

このように自律神経失調症の症状は、身体症状(自律神経失調症的症状)と精神症状(神経症的症状)に分けることができます。

自律神経失調症の症状ひとつひとつは珍しいものではなく、他の病気や疲労時などにもよく見られるありふれた症状と言えます。
そのため他の病気や症状と自律神経失調症を区別するのは医者でも難しいと言われます。
自律神経失調症の一般的な特徴として、現れる症状が多く多岐に渡っていることと、症状が長期間続くことがあり、これらが診断の目安となります。

自律神経失調症的症状

本態性高血圧・動悸・頻脈・のぼせ・ほてり・顔が熱くなる・微熱・頭が重い・偏頭痛・めまい・ふらつき・耳鳴り・耳がよく聞こえない・音が大きく聞こえる・涙が出る・光が眩しい・瞼がけいれんする・声が出ない・どもり・口が渇く・顔色が黒ずんで悪い・胸が苦しい・胸がつかえる・胸が痛い・のどがつかえる・飲み下し困難・食物を飲み込む時に違和感がある・息が詰まる・のどが締め付けられる・ぜんそく・背中が痛い・胃の調子が悪い・胃潰瘍・大腸の調子が悪い・ガスが出る・便秘・下痢・慢性疲労・倦怠感・肩こり・冷え性・手足がしびれる・手が震える・多汗症・夜尿症・頻尿・インポテンツ・性欲が無い・不感症・神経性皮膚炎・じんましん・円形脱毛・生理痛・生理不順

神経症的症状

強い不安感(漠然とした不安・特定のことに対する不安)・対人恐怖・人前ですごく緊張する・他人の視線が気になる・自分の視線が気になる・赤面恐怖・表情恐怖・体臭恐怖・外出できない・乗り物恐怖・高所恐怖・閉所恐怖・先端恐怖・不潔恐怖・確認癖・視界が気になる・イライラする・怒りっぽい・無気力・落ち込み・睡眠障害(眠れない・早朝覚醒)・集中力が無い・記憶力の低下・悲観的に考える・すぐに悲しくなる・暗い・死にたくなる・摂食障害(拒食症・過食症)

自律神経失調症の症状 ←前 心身に現れる様々な症状 次→ 自律神経失調症の可能性チェック

恐怖症・トラウマ・不安・緊張・あがり症などの悩みをすぐに解消したいなら
「緊張して人前で話せない。人に会うのが辛い。人前で字を書くと手が震えてしまう…。この苦しみはいつまで続くのか?」 大丈夫です!心配しないで下さい!1万人近くの心の問題を解決してきた私の結論!恐怖症を克服することはあなたが想像する以上に簡単です…
⇒ 続きを読む